최근 수정 시각 : 2020-01-29 22:07:38

웹고스트 PIPOPA


국내 정보가 부족하여 부득이 일본 위키피디아를 참고, 번역하였음을 알립니다. 이 만화에 대해 기억이 있고 관심있게 보신 위키러 분들의 열렬한 참여를 바랍니다.
ネットゴーストPIPOPA
웹 고스트 피포파
Web Ghosts PiPoPa
장르 SF, 코미디
원작 테레비 도쿄, 밀키카툰
제작 테레비 도쿄, 밀키카툰
애니메이션 제작 스튜디오 히바리
감독 기무라 신이치로(木村真一郎)
시리즈 구성 야마다 야스노리(山田靖智)
캐릭터 디자인 오누마 카츠스케(小沼克介), 이와사 토모코(岩佐とも子)
음악 이와사키 모토요시(岩崎元是)
방영 화수 전 51화
방영기간 일본 : 2008년 4월 6일 - 2009년 3월 29일
한국 : 추가바람

1. 개요2. 줄거리3. 등장인물
3.1. 주요인물3.2. 웹 고스트3.3. 카미마이 제3 초등학교3.4. 웹 세계3.5. 드림퓨처 사3.6. 아키카와 가3.7. 소후에 가3.8. 신도 가3.9. 기타

1. 개요

파일:웹고스트피포파_애니.jpg
웹고스트 PIPOPA(피포파)는 2008년부터 일본에서 방영시작하고, 한국에서는 2009년경부터 재능티비에서 방영한 일본 애니메이션이다. 디지털 마케팅 비즈니스 사업으로 알려진 트랜스 코스모스 주식회사(トランス・コスモス株式会社)가 처음으로 참여한 애니메이션이라고 한다. 아카이브 만화하고 게임도 나왔다.

2. 줄거리

카미마이(上舞)시에 가족과 같이 이사해 온 초등학생 아키카와 유우타는, 어느날 휴대전화로 기묘한 메세지를 받는다. 유우타가 그 메일을 열자 휴대전화의 화면이 빛을 내었고, 유우타는 그대로 화면으로 빨려들어가 웹 세계(넷 세계. 네트워크 세계. WWW 세계) 안으로 들어가고 만다. 거기서 유우타는 웹고스트인 피트 포트 파트, 그러니까 '피포파'와 만난다. 세 마리의 도움으로 인간세계로 돌아온 유우타였지만, 피포파 세 마리에게 '훌륭한 웹고스트가 되는 것'에 대해 협력을 하게 되고 만다. 이렇게 해서 유우타와 피포파의 모험이 시작된다.

3. 등장인물

3.1. 주요인물

  • 아키카와 유우타(秋川 勇太, 강은찬)
    본작의 주인공. 카미마이 제3초등학교에 전학해 온 초등학생으로, 5학년 3반에 배정되어 있다. 현재는 생일을 맞아 11살. 겁이 많아 스스로에게 자신을 가지지 않는 성격이다. 스스로 말하는 경우는 적고, 언제나 피포파로부터 휘둘리고 있다. 어릴 적의 트라우마로 컴퓨터를 접하는 것이 익숙지 않아 휴대전화로 메일을 주고 받는 것 정도 밖에 할 수 없다. 이전에 살았던 장소와는 멀어서, 컴퓨터를 사용한 수업이나, 자동화된 학교의 설비에는 놀라움을 숨기지 못했다. 스스로가 이전까지 착실히 학교생활을 보냈었는지 불안감을 느끼고 있지만, 에리코나 히카루로부터 컴퓨터의 기본조작법을 배우면서 수업에 따라가려고 하고 있다. 피포파와의 만남으로 네트워크 세계를 오갈 수 있게 되어, 네트워크 세계의 탐험을 통해 용기나 신뢰의 강함을 배워가면서 조금씩 성장해가고 있다. 취미는 천체관측으로, 별자리에 정통하다. 스포츠 프로그램을 좋아한다. 생일은 6월 8일, 별자리는 쌍둥이자리이다. 캐릭터 이름의 유래는, 제작자가 전하고 싶었던 메세지인 '용기'로부터 왔다.
  • 소후에 히카루(祖父江 ひかる, 세미)
    본작의 히로인. 10살. 유우타의 학급친구(클래스메이트)인 활발한 트윈테일의 소녀이다. 호기심이 왕성해, 어떤 일이든 적극적으로 참여한다. 학업성적이 높고, 운동신경도 좋다. 컴퓨터 전반에 대해 빠삭해, 유우타에게 스스로 나서서 알려주고 있다. 게임같은 것도 잘 한다. 아이자와한테는 한눈에 반했다. 기타로 연애점에도 흥미가 있어, 소녀 말하기를, 운명의 사람은 아이자와나 유우타라고 예상하고 있다. 집안에 부모님이 계시지 않아, 사실은 쓸쓸한 듯한 사람인 면도 있다. 또 스스로 가사 전반을 소화해내고 있다. 피포파의 존재를 눈치채고 흥미를 가져, 유우타와 함께 네트워크 세계에서 탐험하게 되었다. 그녀도 유우타와 같이, 용기나 신뢰의 강함으로 배우고 있다. 네트워크 세계에 갈 때에는 에코론과 함께 이동하고 있다. 공식 사이트에서는 '처음에는 유우타를 믿음직스럽지 못하다고 생각했지만, 조금씩 유우타에게 끌리고 있다'라고 설명되어있지만, 애니메이션에서는 끌리는 모습은 찾아볼 수 없다. 취미는 식물을 기르는 것이나 자연환경 등이다. 캐릭터 이름의 유래는, 제작자가 전하고 싶었던 메세지인 '빛'으로부터 왔다.
  • 신도 마모루(進藤 守, 도현)
    勇太が転校する前に通っていた、日鷹小学校で親友だった少年。現在は勇太と同じく誕生日を迎えているので11歳。小学校に入学してしばらくして勇太と出会う。最初は勇太からは守はどことなく大人だから友達にはなれないと思われていた。以前に勇太と二人でラムネの当たりが出るまで、競争をしていた。以前、運動会の徒競走で転んでしまい勇太と最下位になる。今でも2人は良き親友で連絡を取り合っているが、一時期勇太からの電話に目を背け居留守を使っていた。勇太が話していたネット世界の話も疑うことなく聞き入れた。ネットについて深い知識を持ち、プログラミングの能力にも長けている。部屋には、プログラミングの書籍が沢山あり、その中にはごく一部のものしか持っていないドクター・フォレストの学生時代の論文も含まれている。有名な工学博士だった母方の祖父アレックスを、尊敬している。夏休みにネットダイブの研究の為、勇太に黙ってアレックスに会いに、単身ドイツに渡り今は帰国している。今は守の精神はディバインと同化していて抜け空になった肉体は、守の記憶を元に作られたプログラムで動いている。しかし、以前勇太と駄菓子屋に寄っていたことや、タイムカプセルに埋めた、駄菓子屋で二人でお金を出し合って買ったガムの当たりくじのことを憶えていなかった。祖父のドクター・フォレストの意識と共にディバインを構成していたが、最終回にて分離、同化される前の意識が肉体へと戻った。誕生日は6月9日。星座は双子座。キャラクターの名前の由来は、製作者の伝えたかったメッセージの守るから。
유우타가 전학하기 전에 다니던, 히타카 초등학교에서 친한 친구였던 소년.현재는 유타와 마찬가지로 생일을 맞고 있으므로 11세.초등학교에 입학한 지 얼마 지나지 않아 유타를 만난다.처음 유타에게 마모루는 어딘지 모르게 어른이기 때문에 친구가 될 수 없다고 생각되어졌다.이전에 유타와 둘이서 라무네의 타격이 나올 때까지 경쟁을 하고 있었다.이전, 운동회의 달리기에서 넘어져 유타와 최하위가 된다.지금도 두 사람은 좋은 친구로 연락하고 있지만 한때 유타의 전화를 외면할 집을 쓰고 있었다.유타가 말하고 있던 넷 세계의 이야기도 의심없이 들어주었다.인터넷에 대한 깊은 지식을 갖고 있으며 프로그래밍 능력도 뛰어나다.방에는 프로그래밍 서적이 많이 있고 그 중에는 극히 일부만 갖고 있는 닥터 포레스트의 학창시절 논문도 포함돼 있다.유명한 공학박사였던 외할아버지 알렉스를 존경한다.여름 방학에 넷다이브 연구를 위해 유타를 잠자코 알렉스를 만나러 단신 독일로 건너가 지금은 귀국하고 있다.지금은 마모루 정신은 디바인과 동화되면서 빠져나간 육체는 마모루의 기억을 바탕으로 만들어진 프로그램으로 움직이고 있다.그러나 전에 유타와 막과자 가게에 들렀던 일이나 타임캡슐에 묻은 막과자 가게에서 둘이서 돈을 주고 산 껌 당첨권을 기억하지 못했다.할아버지의 닥터 포레스트 의식과 함께 디바인을 구성하였으나, 최종회에서 분리, 동화되기 전의 의식이 육체로 되돌아갔다.생일은 6월 9일.별자리는 쌍둥이자리. 캐릭터의 이름의 유래는 제작자가 전하고 싶었던 메시지를 지키니까.

3.2. 웹 고스트

  • 피트
    明るい性格で悪戯をするのが大好きな、赤い色のネットゴースト。ネット世界一のスピードを誇る。身体を「ジェットピット」に変えて空を飛ぶこともできる。ポット・パットらといつも一緒に行動しており、3匹の中ではリーダー的な存在。行動力はあるが短気な性格で、思い込みが激しい。しかし誰か守ろうとする正義感もある。また閉所恐怖症で幽霊などの類も苦手。ポット・パットと3匹まとめて「ピポパ」と呼ばれることを嫌がる。
  • 포트
    のんびり屋で人懐こい性格の、黄色のネットゴースト。3匹の中ではムードメーカー的な存在。ネット世界一の力持ち。食いしん坊で、食べ物には目がない。可愛い子や美人を見た時、声色が変わる。
  • 파트
    冷静沈着で頭脳派の、青い色のネットゴースト。3匹の中ではブレーン的な存在で、データ解析などの能力に長けている。のんびりと過ごしている時にはピット・ポットらの遊びに付き合ったりもするが、基本的には生真面目な性格で融通が利かないので、予想外の事態が起こると冷静さを失うこともある。しゃべり方は敬語。

  • ドリームフューチャー社から生まれたプログラム。本作品の第27話から登場する(セイレーンとしては第13話初登場)。一見ネットゴーストのように見えるが、その正体はかつてネット世界と現実世界の両方を支配しようとした人間により創られたプログラムである。秘める歌声は周囲のサイトを全て破壊しネットゴーストを停止させてしまうほどの力を持つ。ドリームフューチャー社に軟禁されていたが、風間の企てによりわざと解放され、偶然出会ったピポパたちと共に行動する。純粋無垢で天真爛漫、好奇心旺盛で、何でも知りたがるが勉強は苦手。ピポパや勇太達等親しくなると構いなくキスしたりする。「プー」が口癖であり、かつ自分の名前を知らなかったため、ピットに「プー」と名付けられる。ピットとケンカすることが多いが、本当は仲が良くピンチの時に助けてもらっている。
40話にてプーの中に眠っていたセイレーンが目覚め、プーは世界を守ることができたがピポパたちの前で消えてしまう。しかし、最終回にてドクター・フォレストのパソコンからよく似た卵が発見された。
  • 비드
  • 보드
  • 바드

3.3. 카미마이 제3 초등학교

3.4. 웹 세계

3.5. 드림퓨처 사

3.6. 아키카와 가

3.7. 소후에 가

3.8. 신도 가

3.9. 기타

編集

上舞第三小学校 編集
江ノ島 カズシゲ(えのしま カズシゲ)
声 - 三戸崇史
勇太のクラスメイトのガキ大将。シュウゾウとコースケを子分に従えている。ひかるに惚れており、ひかるからいつも優しくされている勇太のことをライバル視している。またサヤカが転校してきたことにより、サヤカに一目惚れし、ひかるとサヤカの二人に好意を寄せている。
勇太には3人で嫌味を言ったり一方的に勝負を仕掛けたりしているが、卑怯なことはしない主義。「ダイナゴン」というハンドルネームでサイト「日々の詩」を開いており、その詩の才能はネット上で高く評価されている。
ひょんなことから勇太・ひかると共にネットダイブしてしまうが、その現実を受け止め切れず、自分は夢の中にいると最初は思い込んでいた。しかし、カズシゲは少しずつ現実を受け止めるようになり、なお勇太と共にネット世界を守るため、共に行動することが多くなり、徐々に二人の仲が良くなっている。
実家は和菓子屋で、カズシゲも店番をしたりして手伝っている。
カズシゲの名の由来は長嶋一茂で、父・シゲオは長嶋茂雄[要出典]。
松下 シュウゾウ(まつした シュウゾウ)
声 - 代永翼
勇太のクラスメイトで、髪をマッシュルームカットにしている少年。カズシゲとコースケの友人。パソコンに詳しい。実家はコンビニを経営しており、シュウゾウ自身も店を手伝っている。
口癖は「マジ○○!?」。
北山 コースケ(きたやま コースケ)
声 - 矢口アサミ
勇太のクラスメイトで、いつもニットキャップを被っている少年。カズシゲとシュウゾウの友人。機械弄りが得意。
口癖は「超○○じゃねぇ!?」。
サヤカ・エレンコワ
声 - 宮崎羽衣
ロシア人ハーフの転校生。本作品の第27話から登場する。容姿はかなりの美少女でカズシゲに好意を寄せられている。パソコンを完璧に使いこなす天才少女。勇太には「守みたい」と思われている。髪色は金髪。転校してきてから、花梨の家(雪谷亭)で下宿している。母・セイコの前では心を開いているようである。
サヤカの正体がネットヴィーナスだということが勇太たちにバレ、そのことをきっかけに共に行動することになる。また勇太たちと行動を共にしていくうちにサヤカの性格も徐々に変化し、心を開いていく。
一人称は「私」。みんなからは「サヤカちゃん」と呼ばれている。
口癖は「私、悪くない…」。
雪谷 花梨(ゆきたに かりん)
声 - 高垣彩陽
勇太のクラスメイトでひかるの親友。普段は大人しい性格の少女。幼少時は病気がちだったため、小学校入学が1年遅れている。学業の成績は高く、将来は医者になるのが夢。実家は旅館「雪谷亭」を経営しており、花梨自身も家業を手伝っている。高い所が苦手。
本作品の第7話で初登場する。
久瀬 拓海(くぜ たくみ)
声 - 儀武ゆう子
勇太のクラスメイトの学級委員長。眼鏡をかけた小柄な少年で生真面目な性格。
浦澤 京子(うらさわ きょうこ)
声 - 豊崎愛生
勇太のクラスメイトの女子。髪色はオレンジ色。
本条 千鶴(ほんじょう ちづる)
声 - 世戸さおり
勇太のクラスメイトの女子。
村田 エリ子(むらた エリこ)
声 - 木下紗華
上舞第三小学校5年3組の担任。担当クラスの児童たちには優しく接している。学校では眼鏡をかけて髪を三つ編みにし、服装もポロシャツにジャージと地味な格好をしている。プライベートでは「エリエリ」の名でネットアイドルをしていて、その人気は高く評されているが児童たちは気付いていない。猫のような口が特徴的。相沢に惹かれている。
ネット世界 編集
ネットヴィーナス
声 - 清水香里
勇太やピポパがネット世界でピンチに陥ると幾度となく救ってくれる謎の女性。ネットゴーストなのか否かはっきりしていない謎の存在だったが、サヤカがネットダイブした時の姿で、サヤカとは性格が異なる。勇太たちはネットヴィーナスの正体を知り、共に行動しネット世界を守っている。また「ネットヴィーナス」という呼び方も、ネットゴースト達の間でいつの間にか定着していた呼び名である。ネット世界を守ることが真の目的で、始めはプーをデリートしようとしていたが、勇太たちの熱い友情に感情が打たれ、プーを助けてくれた。
勇太たちに正体が知られたのちは、本来の髪型に近い姿に変わった。
プログラムやウイルスを分解することのできるケーブル状の武器を持っており鞭のように操って対象をデリートする。
エコロン
声 - 石川綾乃
エコロジーのサイトに住むネットゴースト。ゴミの分別にうるさい。肩に乗れるくらい小さい。怖がり屋で生意気な性格。ひかると友達になった証に頭につけている、花飾りをプレゼントした。その後もひかると仲が良く、共に行動したりひかるからサイトに遊びに来てくれるようになった。本作品の第21話から登場する。
ビボバ
ピポパの3匹と同様、いつも3匹で行動しているネットゴーストたち。それぞれ「ビット」(声:丸山壮史)、「ボット」(声:木下紗華)、「バット」(声:儀武ゆう子)という名を持つ。ピポパの3匹を勝手にライバル視しており、何かにつけて勝負を仕掛けている。しかしいつも結果はビボバ側の惨敗に終わる。カズシゲのアドバイスにより健闘を見せるがプーに勝利を持っていかれ結果は有耶無耶になってしまった。現在カズシゲの手下となっている。ダイナゴンを心酔している。自称文学系。
プリリン
声 - 世戸さおり
十三のパソコンデータに住んでいるネットゴースト。十三のパソコンには40年以上住んでおり、十三に「ジュウサマ」と呼び気を寄せており、彼の仕事の手伝いもしている。第29話で十三に初めて顔出しした。
トラベン
声 - 三戸崇史
鉄道などの交通機関の管理サイトに住む。
サーチン
声 - 丸山壮史
検索サイト内に住む、とても物知りなネットゴースト。大樹の姿をしている。
ショッピン
声 - COON
勇太の母・優子が利用しているショッピングサイト内に住むネットゴースト。
グルマン
声 - 丹沢晃之
上舞第三小学校の栄養管理サイト内に住むネットゴーストで、学校内のカフェテリアの食事メニューの調理及びその管理を担っている。普段は気弱で、ネットワークを通じて侵入してきたピポパたちの悪戯にも最初は振り回されていたが、怒ると性格が豹変する。「 ○○なんだな」が口癖。
テオドール
声 - 大川透
画像ファイルばかりが集まるサイト内に住む、西洋紳士のような姿をしたネットゴースト。生き物のように動く緑色のトランクを持っており、これを用いて他のサイト内や回線を通じて到達したユーザーのパソコン内などから画像ファイルを盗み出してコレクションしている。少し変わった美的感覚の持ち主で、常人の目には何の変哲もないように映る単純な絵でも感動したりする。
ホルルン / テルルン
声 - COON(ホルルン)、儀武ゆう子(テルルン)
旅館「雪谷亭」のサイト内に住む、仲居のような姿をしたネットゴースト。更新が停止し、訪問する者も誰もいなかったサイト内は荒れ放題になっていたが、勇太たちの活躍によりネットゴーストが再び訪問するようになった。
ルーアン
声 - 飯島肇
インターネットテレビなどの動画配信サイトを巡回し、そこで配信されている様々な動画を見て楽しんでいるネットゴースト。特に映画を見るのが好きらしい。
コスモン
声 - 世戸さおり
宇宙のサイトに住んでいるネットゴースト。宇宙のことについて何でも説明してくれる。
オリオリ / ヒコヒコ
七夕サイトに住んでいるネットゴースト。織姫と彦星がモチーフ。「1人でたくさんの願い事は禁止です!」「そうよ! 他の人に迷惑です!」が決めゼリフで、怒ると2人は「ミルキー・ウェイ!」の掛け声と共にタナバタマンに巨大変身するが、やることは変わらず、同じ言葉で繰り返し注意するだけである。
メモリン
声 - 木下紗華
ひかるの父のパソコンデータに住んでいたネットゴースト。データが消えた後、自身も消えていくが、ひかるが送った動画が、ひかるの父にしっかりと届いたためか、メモリンは復活する。
アタルン
声 - 矢口アサミ
占いサイトに住んでいるネットゴースト。容姿はおばあさん。
ヤジナビ
交通管理システムのサイトに住むネットゴースト。方角など教えてくれる。
クリーニン
声 - 丹沢晃之
上舞市のゴミ処理場のサイトに住んでいるネットゴースト。
ダガシン
声 - 丸山壮史
駄菓子屋のサイトに住んでいるネットゴースト。ピポパたちに紙芝居を読んであげた。
ヤクスン
声 - 深津智義
翻訳サイトに住んでいるネットゴースト。
デレクトン
声 - 魚建
ネットアイドルのサイトに住んでいるネットゴースト。
ツーリストン
声 - 丸山壮史
旅行サイトに住んでいるネットゴースト。
カプルン
声 - 川野剛稔
上舞市の病院サイトに住んでいるネットゴースト。
ドリームフューチャー社 編集
ドクターフォレスト
声 - 飯島肇
ドリームフューチャー社の創始者。守の祖父。ひかるの祖父・十三の大学時代の学友。十三とは考え方・論理が正反対。10年前にネットダイブを試みるも、セイレーンが拒絶したことにより、意識がネット世界に取り残されたままとなっていた。しかし、守が見舞いに来た際、彼の意識と同化し、ディバイン・フォレストとなった。
最期は、ディバインが消滅したのち、自分の考え方が愚かだったことを認めて消滅し、現実世界でも死亡した。
ディバイン・フォレスト
声 - 中村悠一
四天王や勇太たちの前に突如現れた人物。ネットゴーストをネットモンスター化し、ネット世界を支配しようとしている。守とドクターフォレストとの精神が融合して生まれた。性格は守と違い冷酷かつ非道な部分が目立ち四天王も彼にとっては駒の一つでしかなく四天王から恐れられている。だが完全にフォレストに支配されておらず、オリハルコンのかけらをフォレストに精神を取られる前に勇太に渡すがその後、守に体を取られなくするためにフォレストにより精神を支配するリングを装着する。オリハルコンのかけらを四天王に集めさせて最後のかけらを手に入れてオリハルコンによる新世界に向かうが、勇太との友情に負けて守とフォレストの精神が分離してディバイン本人は怒り狂った表情と片目に涙を流しながら消滅した。 本作品の第32話から登場する。
四天王から「ディバイン様」と呼ばれている。
ドリームフューチャー四天王(ドリームフューチャーしてんのう)
ドリームフューチャー社のデータだけの幹部たち。
アッシュ
声 - 元村哲也
アメリカ支部長。カウボーイハットを被ったギャンブラー風の人物で主にトランプカードを愛用している。ディバイン登場時は彼に反抗的だったがディバインの圧倒的な力を目のあたりにし彼に忠誠を誓う。本社サイトが風間が用意したプログラム「セイレーンプログラム」の攻撃を受けた際は、自ら出撃し大勢の本社プログラムを用いて戦いを挑むなど、かなり無謀な行動に出てしまい、その結果、大勢のセイレーンプログラムの攻撃を受けて消滅する。ディバインのことを信頼していたようで、彼の「永遠の命を約束する」という言葉を信じていたらしく、消滅する際に彼の名を叫んだがディバインから見て四天王は捨て駒だったらしく他のメンバーがアッシュの死を惜しんでいる一方でディバインは「データが一つ消去されただけ」と発言し他のメンバー(主にモハンマド)に不信感を持たせる。
ランガ
アジア支部長。インド風の衣装を身に着けた美女で四天王の紅一点。主に化粧道具を愛用しメイクで自分の美しさに磨きをかけている。ディバインの命令により「オリハルコンのかけら」を探して偶然かけらを持っていた雪谷花梨に狙いをつけて彼女が逃げ込んだ「雪谷亭」のサイトで客を装い、ホルルンとテルルンをネットモンスター化させて勇太たちを襲わせるが、敗北してしまうもかけらを手に入れることに成功する。全てのかけらを手に入れるべく勇太たちを「ダムサイト」でフランソワと共に待ちかまえて勇太たちを追い込むが、直後に来たサヤカたちに敗れてしまい、直後にディバインに捨て駒にされた上ネットモンスター化して勇太やサヤカたちに襲いかかるが、敗北してディバインに呪いの言葉を吐き捨て消滅する。
フランソワ
ヨーロッパ支部長。容姿はヨーロッパの貴族風のファッションと女性と間違える程の美形でややナルシストな人物。
主にバラを愛用しそれが武器にもなる。またフランス語を発言する時がある。ランガ同様にディバインの命令により「オリハルコンのかけら」を探してかけらを探知するレーダーで「赤ちゃんサイト」に目をつけて勇太たちの後を追い、そこで10年前のドクターフォレストとセイレーンのネット事件と勇太たちがネットダイブ出来るきっかけを目撃する。その後、かけらを手に入れるべくそのサイトの住人をネットモンスター化させて勇太たちが戦闘している間にかけらを奪って逃亡する。全てのかけらを手に入れるべく勇太たちを「ダムサイト」でランガと共に待ち受けて勇太たちを追い込むが、直後に来たサヤカたちにランガ共々倒されてしまい直後にディバインに捨て駒にされてネットモンスター化して勇太やサヤカたちに襲い掛かるが、敗北してランガと共にディバインに呪いの言葉を吐き捨て消滅する。なおネットダイブできる子どもとネットゴーストの繋がりと今回の事件のキーパソンを目撃した人物は勇太たちを除けば彼だけである。
モハンマド
声 - 原田晃
北アフリカ支部長。見た目は高級スーツを着たアラブ系の商人風で四天王のリーダー格。ビジネスのことを第一に考える人物で金にならない話には全く興味を示さない。
ドリームフューチャーに忠実で風間の逮捕後、平目を利用しディバインと共にドリームフューチャーを裏で支配する。ディバインの命令で「オリハルコンのかけら」探して「イベントサイト」でかけらを発見しサイトの住人をネットモンスター化し勇太に襲わせるが敗北するもかけらを手に入れたことで勇太たちに皮肉な言葉を残す。他の四天王よりもディバインへの不信感があり他のメンバーを犠牲にすることも問わない彼に疑問を感じつつ彼に忠誠を誓うが、目的はあくまでネット世界の支配するためであり最後のかけらを手にいれた際にネット世界を破壊すると知り、ディバインの本性に怒りを露して彼に反撃するが、すでに体に仕込まれたウイルスにより強制的にネットモンスター化して勇太たちを襲う。最終的にひかるたちのワクチンにより元に戻るが、直後のオリハルコンの覚醒により自分だけオリハルコンの影響を受けてディバインの名を叫び消滅する。
風間 ジン(かざま ジン)
声 - 矢部雅史
ドリームフューチャー社日本支社長。同社が運用するスーパーコンピュータ「セイレーン」との対話を試みている。またネット世界を支配しようとしている。ネット上に生命体らしきものが存在することを知っており、更には「ネットゴースト以外の何か」の存在も知っているようである。逮捕されていたが、釈放され自宅マンションで部下たちと何かを企んでいた。しかし、再び捜査の手が入る前に逃走し、ネットダイブを試みるも失敗、そのまま意識不明となった。最終回にて坂本と共に登場し、新たなるウイルスを手にしていた。
坂本 あずさ(さかもと あずさ)
声 - 高垣彩陽
風間の許で風間のスケジュールなどの管理を任されている女性社員。
平目 富雄(ひらめ とみお)
声 - 丹沢晃之
元係長。風間の逮捕後に、日本支社の社長に就任した。大勢のオペレータとワクチンプログラムを用いてネットゴーストを捕獲しようとするが、いつもピポパや勇太たちにネットワーク内を掻き乱されては失敗している。
真知子(まちこ)
声 - 矢口アサミ
勇太の母・優子の所属する部署の部下の若い女性社員。
関原 貴志(せきはら たかし)
声 - 深津智義
セキュリティフロアのオペレーター。
大江 政博(おおえ まさひろ)
声 - 原田晃
セキュリティフロアのオペレーター。眼鏡着用。
秋川家 編集
秋川 健太(あきかわ けんた)
声 - 志村知幸
勇太の父。職業はフリーのカメラマン。妻の優子とは今でも仲睦まじく、優子におはようのキスをするのが日課。第50話で勇太がネット世界に行っていることを知る。
秋川 優子(あきかわ ゆうこ)
声 - 世戸さおり
勇太の母。ドリームフューチャー社でプログラマとして働いており、所属する部署ではチーフを任されている。家族思いの優しいお母さん。第50話で勇太がネット世界に行っていることを知りショックを受け、その後シゲオがカズシゲにゲンコツを加えるより先に勇太の頬を張った。
祖父江家 編集
祖父江 十三(そふえ じゅうぞう)
声 - 丸山壮史
ひかるの祖父で、上舞大学の教授。専門は情報工学。ネットフィールドにおける人間のマインドアルゴリズムの研究の第一人者で、人工知能の世界的権威である。花梨の祖父・花彦が生きていた頃、雪谷亭のホームページを作るように頼まれたことがあり、花彦とは交友が深かった。ひかるのことを溺愛しており、ひかるが家に男友達を連れてくると機嫌が悪くなる。ひかるにとっては優しいおじいちゃん。大のプリン好き。勇太達が今まで秘密にしていたネットダイブの件は、仕方なく聞き受けてくれた。勇太がこの話をしたことから勇太に対する接し方が変わるようになる。
ひかるの父
声 - 深津智義
雑誌の編集の仕事をしている。ひかるの母とは離婚している。片付けや整理整頓が苦手で、またひかるによると一週間風呂に入らないこともあるらしい。しかしひかるのことはいつも大事に思っており、ひかるの思い出の写真などは大事に保管していた。
ひかるの母
声 - 水森志寿香
お菓子作りの研究家。現在ひかるの家族は別居している。
進藤家 編集
守の父
声 - 丸山壮史
母方の祖父・アレックスに結婚を反対され、守の母親と駆け落ちしたという。
守の母
声 - 井上奈々子
本名は「進藤レオナ」。髪型はロングヘアの金髪。守からは「お母さん」と呼ばれる。自分の父親を嫌っている。自分の父親にどんどん似ていく守を心配している。
江ノ島家 編集
江ノ島 シゲオ(えのしま シゲオ)
声 - 丸山壮史
カズシゲの父親。頑固な性格。上舞銀座商店街の会長である。和菓子屋の店長で、相沢にネット宅配の仕事を任している。
雪谷家 編集
雪谷 月乃(ゆきたに つきの)
声 - 久保田民絵
花梨の祖母で旅館の女将。花梨の祖父・花彦が亡くなってから、旅館が繁盛しなくなり雪谷亭のホームページも閉鎖していて、今までホームページを嫌っていた。しかし、花梨の説得で大事なことを思い出し、ホームページを再開することを決意した。その後も旅館は繁盛している。
雪谷 花代(ゆきたに はなよ)
声 - 木下紗華
花梨の母。
雪谷 月彦(ゆきたに つきひこ)
声 - 丹沢晃之
花梨の父。
その他 編集
相沢 譲(あいざわ ゆずる)
声 - 東地宏樹
突如上舞市にやってきた謎の青年。フリーターの男性を装い、「新しい生活と仕事を求めて上舞市にやってきた」ふりをしていて、実際は情報管理局員で、ドリームフューチャー社の実態を調査している。
偽りの顔としては仕事を選り好みしたり、トラブルを平然と起こしているように見せている。しかし、穏やかな性格で人と話をするのが好きなので、会う人々から好かれ、出先でした世間話が縁で新しく仕事を取ってきたりしている。エリ子に惹かれている。
本作品の第9話から登場する。
セイコ・エレンコワ
声 - 清水香里
サヤカの母親。病気のため入院している。昔、十三の助手をしていた。十三がドリームフューチャー社から離れた後は一人で研究を続けていたらしく、ネットダイブシステムを作り出した。ドリームフューチャー社の過去を勇太たちに明かした。
東海林(しょうじ)
声 - 元村哲也
ひかるの祖父・十三の部下。上舞大学勤務。
海原 大洋(かいばら たいよう)
声 - 石住昭彦
バイキングテレビの社長。同社は海原の意思でなくドリームフューチャー社と合併する。
참고) 작성 중입니다.